ここ最近に起きたオリックスバファローズの動きをまとめて解説する「不定期刊オリックスバファローズ通信」

今回は、その記念すべき第1弾です。それでは、早速ですがこの1週間のバファローズを振り返ってみましょう。

OP戦は絶好調!投打ともに収穫アリ

OP戦といえば、個人的にはあまり良い思い出も無いのですが、この1週間のバファローズは投打ともにかみ合っており、とても強さを感じることができました。

特に、西選手・金子選手が抜け、シーズンを通して戦う経験のある投手が少なくなってしまったオリックス投手陣ですが、山本選手や榊原選手などの若手を中心に、大きく躍動しています。

また、実績はあるが一時期ケガをしてしまっていた東明選手、鳴り物入りで入団したもののまだパッとしない山崎福也選手などの好調も、個人的には嬉しい知らせです。

オリックスバファローズの先発(ローテーション)候補 ※予想

  • 山岡選手
  • 山本選手
  • 東明選手
  • アルバース選手
  • 榊原選手
  • 松葉選手
  • 山崎福也選手
  • 小林選手
  • 田嶋選手 ※ケガ
  • ディクソン選手 ※ケガ

現在ケガをしている田嶋選手・ディクソン選手を含めても、先発(ローテーション)候補はこれくらいになると思うのですが、リストの上位4名はほぼ確定していると考えてもよさそうです。

この4名を軸に、残り2枠を争う形で榊原選手・山崎福也選手・松葉選手・小林選手が奮闘している状況です。この4名の中でも飛びぬけて調子がいいのが榊原選手で、その次に小林選手・山崎福也選手・松葉選手と続いています。

ただ、小林選手は2軍での調整が決定し、山崎福也選手はロングリリーフ的な使い方になる可能性が高い状況です。

そのため、開幕後は候補リストの上位6名をしばらく回していくのではないか、と個人的には予想しています。とはいえ、(山本選手もそうですが)榊原選手はかなり若い選手なので、疲労度によって良い結果を残せなくなってしまう事も十分に考えられます。そういった時に、小林選手やケガから復帰した田嶋選手・ディクソン選手辺りが1軍に上がってくると、安定したローテーションを組めるのではと思います。

次に野手陣ですが、こちらも今週はかなりの収穫です。

まずは吉田正尚選手、言うまでもなくオリックスが誇る最高な選手の1人ですが、代表選から戻ってきてもホームランやヒットを放っているので、今シーズンも期待ができそうです。昨年は、他選手の不調も重なりマークが厳しい中でも、3割20本という好成績を残すことができました。そのため、吉田選手の上下を打つバッターが存在感を出すことができれば、去年以上の成績を残すことができると思います。

次にメネセス選手ですが、彼もメキシコ代表として代表戦に出場し、そこから好調をキープしています。ブンブン振り回す……という感じではなく、ある程度考えを持って打席に入っている印象を与えます。だからといって成功するというわけではありませんが、個人的に期待できる選手だと思います。オープン戦では、3番あたりを打っていますので、シーズンでも3番、もしくは5番辺りを打つのではないかと思われます。

また、今年は頓宮選手・西浦選手・福田選手を筆頭に若手の突き上げが強く、野手陣の競争が強くなっているのが好印象です。おそらく、活躍はもう少し先になるのかもしれませんが、ここ数年の中で一番競争が激しい年……という印象があります。

こういった競争は選手の成長を促すので、たとえ今年はダメでも、数年後には絶対にプラスになる年だと私は感じます。生まれ変わっていくバファローズを、長い目で応援していきたいものですね。

怪我・故障者の近況など

直近の怪我情報は、ディクソン選手と大田選手が挙げられます。

ディクソン選手は先発ローテーション候補だっただけに、とても残念ですね。とはいえ、そこまで重い怪我ではない様子なので、ゆっくり調整して誰かの調子が悪くなった時に上がってくるのかもしれません。

太田選手に関しては久しぶりのドラ1高卒野手なので、期待をしていたファンも多かっただけに、(私も含めて)とても残念な気持ちですね。全治約3ヶ月ということですが、調整も含めたら7月あたりのお披露目となりそうです。

それと、去年の6月頃に怪我をして離脱していた田嶋選手ですが、2月頃から投球練習をスタートしているようです。去年、そのままシーズン投げていれば新人王もあり得ただけに、今年も期待したいところです。ひとまずは、現状のローテーションをまわしていくでしょうから、5月あたりに戻ってくるのではないかと予想しておきます。

逆に、それより早い場合、チーム状況が悪い可能性が高そうなので、田嶋選手が余裕を持って調整できるように、チームには頑張って欲しいところです。

まとめ

今の所、チーム状態としては良好なため、順調に進んでいる感じはありますが、シーズンが始まればそうは問屋が卸さないのです。特に、ベテランが多数抜けてしまったバファローズは、見通しがしにくいというのが非常に不安です。若手のチームと言えば日本ハムが挙げられますが、日本ハムのファンはいつもこういった不安にさらされているのでしょうか。なんにせよ、今年は若手中心で挑まざるを得ないシーズンなので、「負けも経験になる」という心持ちでシーズンを応援して行こうと思っています。

それでは、また次回のオリックスバファローズ通信で会いましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です