こんにちは。ハイクオリティ鈴木くんです。

最近、WEBライターという職が副業として人気を得ていることを知っていますか?というか、この記事を見ている時点で、きっと「WEBライターになりてぇなぁ!」って思っている方も多いと思います。

私は、仕事柄(芸能方面ではない方)WEBライターの方と接することが多いのですが、どうにもこの職業は業が深いと感じているのです……。

というのも、WEBライターとして働いている人たちのは、“ほとんど稼げていない”という人が多いと思うからです。

しかし、「じゃあWEBライターってば稼げないのかい?」というと、「それも違う」と私は感じています。

じゃあ、なんでWEBライターは稼げない人が多いのでしょうか?ここでは、その理由の考察と、今後WEBライターとして稼げるようになるためにはどうしたら良いか、を解説しています。

ただし、これから私が示すものはあくまで考え方の1つであり、これが正解(もしくは全体としての意見)では無いことをご了承下さい。

それではいきます。

そもそもWEBライターは稼げるのか?

まず、結論から言うと、答えは“NO”です。

ただし、この場合、“WEBライターのみで稼げるか?”という点についての結論となっています。

これは、現在売れっ子のWEBライターたちを見てみるとわかりやすいのですが、彼らはある程度の地位まで行くと、あまり記事を書かなくなってしまいます。

なぜでしょうね?

以下に、理由としてあげられる点を箇条書きにしてまとめましたので、御覧ください。

  • WEB記事の単価が低い
  • 紙媒体の方が単価が高い
  • 他の事をしたほうが儲けられる

以上です。他にも細かく言えば色々とあるのですが、私がWEBライターさんと関わって強く感じるのは、この上記3つの点でした。

では、この3つの点をそれぞれ細かく見ていきましょう。

WEB記事の単価が低い

これは、「WEBライターとして本気で生きていこう」と思った人は感じるでしょうが、マジで単価は低いです。

1文字1円もあれば良い方で、クラウドソージングサイト等※ で溢れている案件は、1文字1円以下の案件も沢山あります。

これは、WEBライターという職業の敷居が恐ろしく低いことが起因しています。

WEBライターは副業としても人気が出ていて、例えば目の離せない小さい子がいる主婦や、今の給料に不安があるサラリーマンなど、様々な理由をもつ人達がWEBライターとして働いています。

これに関しては、私もいい考えだと感じています。特に、夫だけの収入では不安な主婦も、このWEBライターという仕事の特性で助かっている……という方は多いと思うからです。

また、会社をやむを得ない理由でリタイアした時の受け入れ先としても、とても優秀な職種だと思います。

とはいえ……ですよ?

あまりにも敷居が低いので、WEBライターごとのレベル差が恐ろしく広がってしまっている事は事実であり、それが単価の平均値が上がらない原因でもあるわけです。

ここらへんを改善しない限り、今の平均単価が上がることは難しいかもしれません。

WEBライターを始めたい人は、こういった点をまず覚悟した上で始めましょう。

※クラウドソージングサイト……クラウドワークスやランサーズなど、リモートで業務委託案件をマッチングするサイト

紙媒体のほうが単価が高い

「今はWEBの時代だから、WEBで名を挙げるぞ!」と早る気持ちはわからなくもないのですが、実はまだまだ紙媒体のほうが単価は高いです。

それに、人脈も形成できるので、フリーになった時でも仕事を回してくれたりする事もあります。

ただし、求められるレベルは非常に高いです。それこそ、WEB記事みたいにその時のテンションでザザーッと書いて即納品……という事は絶対できません。何度も書き直し、何度も間違いがないか探した上で掲載するので、生半可な気持ちで目指すと痛い目を見るかもしれません。

とはいえ、確実にレベルアップは見込めるので、私個人の意見としては、「最初っからフリーでやるんじゃなくて、出版社とか新聞社とかで働くほうがキャリア的には良いのでは?」と思っています。

他の事をしたほうが儲けられる

WEBライターとして地位が上がってきたという事は、知名度も相当上がってきているという事なので、そこから別の稼ぎを見出す人はとても多いです。いわゆる、インフルエンサービジネスってやつですね。

わかりやすいのは、芸能人とかがブログやSNS等で「この商品凄いよー☆」と宣伝する……という例が挙げられますね。

こういうのは企業案件というのですが、これが凄く儲かるんですよね……(笑)

他にも、テレビなどに露出していくパターンもあります。ライターは知的な職業イメージがありますから、彼らの発する言葉にはメディア的な価値があるわけです。

こういった案件は、芸能人の場合事務所が仲介しているので、その分の手数料などが引かれていきますが、WEBライター等のビジネス系インフルエンサーは事務所に所属していない(所属している場合もある)ので、丸々報酬として受け取ることが出来るのです。

ここまで来ると、記事書いているより稼げる選択肢がたくさんあります。そのため、記事を書く頻度が低くなってしまうのです。

それでも、WEBライターとして生きて行きたい!

それでも、やっぱりWEBライターには魅力がありますし、なんならこの記事を読んで、WEBライターの先にあるインフルエンサーになりたい!って考えた方は多いと思います。

この項目では、稼いでいるWEBライターさんがどうやって売れていくのか……という所を、自分が関わってきたWEBライターさん達を参考に考察していきたいと思います。

まず、やり取り(報・連・相)がしっかりしている

これ、意外とできていないWEBライターさんが多い気がするのですが、稼いでいる(というか次のステップに行きやすい)WEBライターさんはこういった連絡をこまめにしっかりと行っています。

というよりは、本来社会として当然の事なのですが、リモート(在宅)という特性上あまり”仕事感”が無いと感じてしまう方は結構いて、それがやり取りに現れているパターンが結構あります。

まぁ、一々細かいことで「ご連絡いただきありがとうございます」だとか、「何卒宜しくお願い致します」だとかを使うのはバカバカしいかもしれません。

しかし、顔の見えない相手との連絡をやり取りする場合、不安はなるべく与えないほうが得策なので、報・連・相や言葉遣いには十分注意しましょう。

名前を奇抜すぎるものにしない

これも、クラウドソージングサイトなどを拝見していると結構見受けられるのですが、名前が凄く奇をてらったものだったり、メールアドレスみたいな声に出して読みにくい名前だったりする方が結構います。

※例

「マネー作成ライター」「ssstaaayy」「rcc」「✝キリト✝」※

本人はペンネーム的な感覚かもしれませんが、ペンネームは“素性を隠している”ともとれるので、度が過ぎるとあまり信用されなくなってしまいます。

それに、もしリアルで会った際に「なんて呼んだら良いんだ?」って思われるのは、あまり良い傾向ではないと思います。

なので、名前は出来るだけ本名とかを使い、ペンネームを使うにしても読みやすい(呼ばれても恥ずかしくない)名前にすると良いと思います。

※基本的に、実際に見たことある名前を少しもじった感じで例を出していますが、「✝キリト✝」はネタです。すみません。

取引先の選び方が上手い

これ、結構重要なことで、取引先をしっかりと見極めることで、トラブルを避けたり次の仕事に繋げたりできます。

特に、クラウドソージングサイトの場合、自社HP(もしくはメディアサイト)を載せていなかったりする所とは取引する際に注意が必要です。

はじめの頃はとりあえず仕事をくれるところでも良いと思いますが、ある程度「スキルが上がってきたな……」と感じてきたら、優良な取引先を探していくのをおすすめします。

一番大事:独りよがりな文章を書かない

最後に一番大事なことを挙げると、独りよがりな文章を書かない事です。

ここで言う独りよがりな文章とは何かと言うと、文章の基礎を疎かにしていたり、自分らしさ(文章のキャラ)を無理やり出そうとしている文章のことを指します。

特に、文章の基礎を疎かにしている方は多い印象で、「日本語だしイケるでしょ」とか「本をよく読むから大丈夫!」みたいな感じで、何となく書いている方がWEBライター界隈には割といます。

また、実績も無い内から自分のキャラを出そうとしても、取引先がそういったものを求めていない事が多いので、無駄なリテイク(書き直し)を食らう場合もあります。はじめは、誰が読んでも理解できるわかり易い文章を、心がけて執筆するのがおすすめです。

まとめ

色々と書きなぐりましたが、僕はライターとして働いたことはないので、正直的を得ているかは微妙です。とはいえ、周りのライターさんを参考にしたので、そこまで外れた意見でもないはずです。

本当に売れている人は、どんなジャンル(職種)でも共通して”どうやったら稼げるようになるのか?”という事を真剣に考え実行しています。

あなたがWEBライターに本当になりたいのならば、ただ数をこなしたりするのではなく、どうやったらキャリアに良い影響を与えてくれるのか?というのを考えながら働いていくのが良いのかもしれません。

WEBライターに幸あれ

 

カテゴリー: ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です