【不定期刊】オリックスバファローズーズ通信 Vol.4

どうも。ハイクオリティ鈴木くんです。

4月までの全試合を終了し、丁度よく平成も終了……とのことなので、4月のオリックスバファローズを色々と振り返ってみようと思います。

投手陣について

投手陣……というか、中継ぎなんですけど、最近は調子が悪いですね。

先発は、不調気味だった松葉選手・東明選手を下げ、調子のよかったK-鈴木選手と(中継ぎ起用でしたけど)小林選手を上げてきました。

結果的には、K-鈴木選手が7回無失点と上々の投げっぷり、これで山岡選手・山本選手・榊原選手・アルバース選手に加えて、K-鈴木選手という強力なローテーションが固まってきました。

これから交流戦が始まり、その頃は割と日程もゆるゆるらしいので、しばらくはこの5人をメインに回していくのかもしれませんね。

そろそろ(といってもあと1か月くらい?)、田嶋選手も戻ってくるみたいですし、田嶋選手が戻ってきたら、鉄壁の先発陣が完成する気がします。すごく楽しみな先発陣になりますね~。

そして、ちょっと心配なのが中継ぎ陣ですよね。

ここ最近の中継ぎ陣は、リード時に登板する投手がことごとく打たれてしまっています。

具体的に言うと、澤田選手・吉田一正選手・近藤選手・山崎福也選手の4人でしょうか。彼ら4人がここ最近は点を守れず、相手に点を許してしまっていました。

それによって、近藤選手・山崎福也選手の両選手は2軍降格し再調整を受けています。吉田一正選手・澤田選手の2名は、シーズン前から7、8回を任されていたので、そう簡単には落とさない……という判断でしょうか。

個人的には、近藤選手・山崎福也選手も落とすほどではないかなぁ……とは感じていましたが、どうなんでしょうかね?笑

一応、海田選手が少し好調みたいなので、どうにか回るという判断なのかもしれません。

二人には早く1軍に戻ってきてほしいですね。

野手陣について

野手陣については、開幕とはだいぶ陣容が変わってきましたね(いい意味で)。

西野選手・頓宮選手・マレーロ選手・T-岡田選手あたりがスタメン落ち、もしくは2軍で調整になり、中川選手・佐野選手・小島選手・伏見選手らがチームを活気づけています。

特筆すべきは、中川選手と佐野選手の活躍でしょうかね。

彼らはプロ1年目と野手転向したばっかりというのもあって、あまり打撃の部分では目をつぶる感じかな?と思っていたのですが、思った以上にシュアな打撃を見せてくれますね。

個人的に「良い!」と思うのが、しっかりと粘るところ。オリックスの選手は若手が多いこともあって、ここまでは早打ちで攻めることが多かったのですが、この2名の選手はしっかりと粘ってヒットを打つことができるようです。粘れる選手って、調子が悪くても球数を稼いでくれるし、出塁率も自然と上がるので、こういった選手が増えるのは非常に良いことだと思っています。

オリックスでよく粘る選手といえば、もう移籍してしまいましたけど、伊藤光選手とかそれ以来じゃないんですかね?なんだかそれ以来な気がするんですが、気のせいですかね?笑

ちょっと話がそれましたが、上記に挙げた4名の活躍で最近は点を取っている印象を受けるので、これからも頑張ってほしいところですね。

平成最後の試合について

平成最後の試合となった、4月29日の西武ライオンズ戦ですが、吉田正尚選手の豪快なホームランで試合に勝つことができました。

この日は、平成最後の試合……というだけでなく、故仰木監督の誕生日ということもあって、オリックスとしては非常に勝ちたい試合でした。

先発はアルバース選手、あいては十亀選手。序盤は西武ライオンズの優勢から始まりました。山川選手のホームランで先制点を許したときは「今日も厳しそうだな……」なんて思っていたのですが、なんとか追いつくことに成功。その後、また引き離されますが、これも追いつくことに成功しています。

ここで、今シーズンの試合を見ている人には「まさか、延長戦ある?」と頭をよぎったかもしれませんね。私はよぎりました笑

そして、迎える8回裏。ノーアウトから西浦選手が出塁すると、続く福田選手・佐野選手は西浦選手を進塁させるも凡退。そして迎える、ツーアウトランナー3塁……打席に入るのは吉田正尚選手。

私は最初、「1塁空いているし、敬遠気味の四球かな?」と予想していたのですが、キャッチャーが構えたのは内角低めの厳しいコース。

一瞬、「お?」と思ったのもつかの間、投手がそのコースへ変化球を投げると、吉田選手が反応。打ちあがったボールは早々に外野席へと消えていきました。まさに、劇的なホームランでした。

劇的なツーランホームランを打った後は、増井選手が難なくアウトを重ね、試合に勝つことができました。

ファンからしてみれば、平成最後、故仰木監督の誕生日、吉田正尚選手の決勝ツーランホームランという劇的な試合を観ることができたので、一生ものの思い出になったのではないでしょうか。現地で観れた人はすごく羨ましいです。

まとめ 令和を迎えて

平成が終わり、令和を迎え、オリックスバファローズも新たな歴史を刻んでいくことになりました。

オリックスにとっては、血の入れ替えを行っている年でもあるので、まさに転換期となるシーズンとなるのかもしれません。

令和の新たな伝説が、オリックスバファローズで観られることを祈りつつ、これからも応援していきましょう。

ということで、榊原選手が現在進行形で頑張っているので、試合観戦に戻ります。それでは、さようなら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です